×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験
取捨選択 冷静沈着






独自育毛法
 
ステップ0
ステップ1
ステップ2
ステップ3
ステップ4
ステップ5
ステップ6
ステップ7
ステップ8
10年間の総括
そのほか
 
  
 
 
 
 
HPtopへ




そのほかに役に立ちそうな情報

独自育毛法を書いてから後に得た、新しい情報や、過去得た育毛情報から、これは役立つかもしれない。という情報を、書き出して、いきたいと思います。

皮脂分泌に関係しているかもしれない食べ物

ピーナッツ、アルコール類は、頭皮の皮脂分泌を促す可能性があります。
(出典元 日経新聞紙面 帝京大学の清佳浩教授談)
http://blog.livedoor.jp/hatsuikutaikenblog/archives/51052279.html

喫煙の頭皮、毛髪、毛包への影響 AGAとの関係

http://blog.livedoor.jp/hatsuikutaikenblog/archives/50764768.html

出典元が確認できませんでしたが、私自身、ヤフーの記事をみて書いた事ですので、全く信憑性がない話では、ありません。喫煙で頭皮の血行不良や、活性酸素の増加、DHTの増加などは、知られていると思いますが、喫煙で、毛包が破壊されるというか、ダメージを受ける可能性もあるという事です。

これでは、ご覧くださっている方が、納得されない、中途半端な情報になってしまうので、少し調べてみました。そうしましたら、井蛙内科開業医/診療録(2)さんのブログに出典元が掲載されていました。国立台湾大学の医師の方々が、発表した内容との事です。

アジア系男性の頭部の脱毛に関して、とあるので、日本人にとっても、貴重な研究結果だと思います。「AGAと喫煙、一日20本以上吸っている、タバコのニコチンやタールの強さと正の相関認められた」と書かれています。

やはり、AGAの影響を受けやすい方は、禁煙する方が育毛にとっては、プラスだと思います。プラスといいますか、喫煙が、脱毛、軟毛化の、原因の一つになっていると考えて良いと思います。

しかし、タバコの影響が、毛髪、頭皮に、現れると思われる人と、ヘビースモーカーでも、毛髪がふさふさの方がいらっしゃるのは、男性ホルモン受容体の感度、DHTの影響を受けやすい、受け難いといった、体質の違いだと思います。




HPtopへ 独自育毛法topへ 次のステップへ