×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








サプリメント
 
亜鉛
ビタミンB6
ビタミンC
ビタミンE
ノコギリヤシ
ビタミンB12
カルシウム
イソフラボン
カリウム
ヨウ素
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
HPtopへ



イソフラボン(大豆イソフラボン)

購入動機・・・とあるテレビの番組で紹介されていたのがきっかけで、摂取するようになりました(サプリメントではなく食品から摂取しています。)

期待できそうな効能・・・大豆イソフラボンを摂取する事により、IGF-1(インシュリン様成長因子-1)が生産され、毛髪の寿命を伸ばす。(抜け難くする。)II型糖尿病、動脈硬化の改善。女性の更年期障害、骨粗鬆症の改善等に効果があるといわれています。

使用効果・・・大豆食品を以前よりさらに、意識的に摂取するようになったのが最近なので、まだ効果は確認できていません。また大豆イソフラボン(IGF-1)の効果を高めるためにカプサイシン(唐辛子に含まれている辛味成分。)を同時に摂取するとより効果的との事です。(ただカプサイシンは刺激が強いので、胃の弱い方は注意する必要があるとの事です。)

注意点・・・大豆イソフラボンはエストロゲン様作用があるので、ホルモンが関係するがん(乳がんなど。)のリスクを増大させる恐れがあるので、乳がんの患者の方や家族に経験した方がいる方は注意する必要があるとの事です。また大豆製品は腎臓結石のリスクを増大させるといわれているので、既往歴のある人方は大豆製品を多く摂取しない方が良いとの事らしいです。大豆に限った事ではないですが、、妊婦の方、アレルギーをもっている方の過剰摂取は避けた方が良いとの事です。

大豆イソフラボンを多く含んでいると思われる食品・・・大豆を原料としている食品、枝豆、きな粉、豆腐、豆乳、納豆など。

HPtopへ サプリメントトップへ