×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験





育毛剤
 
ロゲイン
リグロー
ビタミノックス
ザンドロックス
リポキシジル
RU58841
フィナステライド
デュタステライド
フラバサイト
アデノゲン
毛活林
 
GSS
リアップ
NFカロヤンガッシュ
ケフトル
イノベート
 
 
 
 
HPtopへ



リポキシジルLipoxidil・・・アメリカのUSA-ダイレクト社が販売しているミノキシジル製剤です。

商品イメージ・・・リポキシジルという名の通り、リポゾーム化されたミノキシジル製剤という事で、通常のミノキシジル製剤の発展、新化系というイメージがあります。またリポゾーム化に費用が掛っているのか、分量に対しての値段がかなり割高といった印象もあります。

購入動機・・・確かリポキシジルのうたい文句が、リポゾームされた事による浸透率の高さから、低濃度でもオーソドックスな濃度(5%)の商品と同等かそれ以上の効果を得る事ができるといった感じでした。そうなると低濃度により副作用の心配が少ないのと、精製水をベースとしているので、アルコール入りのようなかぶれ、痒みがないといった事等から購入を決めました。

使用感・・・精製水ベースという事で、他のミノキシジル製品と比べてもその使用感は群を抜いていると思います。頭皮へつけた時の刺激が全くといってないので、水をつけているような感じでした。べたつくといった事もなかったように思えます。

使用後
・・・私が使用したのは、リポキシジル-1というミノキシジル濃度が1.5%の50mLのものでしたが、全体の4分の3を使うか使わないといった所で使用を止めてしまいました。当時ビタミノックス5%ノーマルと併用して使っており、使用感があまりにも良かったので、意味も無く効果がないのではないかと思い、ビタミノックス一本にしてしまいました。そんな理由から、効果のほどを確認できないままに終ってしまいました。仮に5%のミノキシジル製剤と同等の効果があるとしたら、迷わずこちらを使用すると思いますが、ネットでの情報も少ないので何とも言えないところです。

注意点・・・この製品はミノキシジル濃度が他の製品に比べて低いので、他のミノキシジル製剤よりかは比較的安全に使用できるのではないかと思っています。ただリポキシジルには血圧を下げる効果があるとの事なので、血圧が低い方は一日二回以上は使用しない方が良いとの事です。また脂性の頭皮は、リポゾームが頭皮奥深くまで浸透する働きを妨げてしまうとの事なので、使用する前にシャンプーなどをして頭皮の脂を除去してから使用するのが良いとの事です。保存方法は常温で保存するのが良いとの事です。冷蔵庫などで保存するとリポゾームが壊れてしまうので、決して冷蔵庫等では保存してはいけないとの事です。

ラインアップ・・・現在は、レチンAが少量配合されている濃度1.5%のリポキシジル-1。同様にレチンAが少量配合されている濃度4.5%のリポキシジルプラス(この製品は、市販のアルコールベースのミノキシジル製剤の濃度に換算すると、20%のものに相当するとの事なので、使用する際には注意が必要との事です)オランダのアーリターン社が販売している、こちらもレチンAが少量配合されている、レミフラックス、リポキシジル2.5%等が販売されていると思います。

ミノキシジル使用時の初期脱毛などに関する内容をブログに掲載しているので、ミノキシジル系の育毛剤の使用を検討している方がいらっしゃいましたら、そちらもご覧になってください。http://blog.livedoor.jp/hatsuikutaikenblog/archives/2005-09.html#20050925

HPtopへ戻る 育毛剤topへ戻る