×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験





育毛剤
 
ロゲイン
リグロー
ビタミノックス
ザンドロックス
リポキシジル
RU58841
フィナステライド
デュタステライド
フラバサイト
アデノゲン
毛活林
 
 GSS
リアップ
NFカロヤンガッシュ
ケフトル
イノベート
 
 
 
 
HPtopへ



NFカロヤンガッシュ・・・日本の第一製薬が販売している育毛剤です。

商品イメージ・・・カロヤンシリーズはかなり昔からTVのCMで拝見した記憶があります。キャッチフレーズは毛を太くするなどといったものだったと思います。最近まで国産の育毛剤にあまり期待していなかったので、これまでは数ある育毛剤の一つという位の認識しかありませんでした。

購入動機・・・ミノキシジル製剤の代用品(発毛因子導入効果はないと思うので、全くミノキの代用になるとは思っていませんが。)として、NFカロヤンガッシュに配合されている、塩化カルプロニウムの血管拡張作用に期待した事と、国内の育毛剤では珍しい、医薬品に認定されている事から購入してみようと思いました。カロヤンシリーズの中でNFカロヤンを選んだのは、塩化カルプロニウムの濃度が2%で、カシュウ(皮脂抑制、浸透率アップ。)、チクセツニンジン(毛母細胞活性化。)なども配合されており、尚且つ無香料という事で、このNFカロヤンを選びました。また育毛剤では珍しく女性の使用も可能とあるので、壮年性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症、粃糠性脱毛症と思われる女性の方にも効果があるかもしれません。

使用感・・・容器が一回の使用量(2ml)が簡単に量れる計量ノズル容器になっており、そこは便利なのですが、塗布する時に上手く(正しく)使用しないと液だれする事もあり、他の育毛剤と比べると多少使い難い印象を受けました。リアップの容器とほぼ同じだと思います。(医薬品という事もあり、一回の使用量を厳守させる為にこのような形態になっているのかもしれません。)

使用後・・・使用してから約三ヶ月が経過しますが、他の育毛剤と併用しながらの使用なので、はっきりした効果は分りません。ただカロヤンを使用し始めてから。洗髪時の抜毛の量が若干増えたと思います。私としてはこれはミノキなどを使用した時に現れる初期脱毛の一種かと思っているので、それなりに効果がある可能性があると思っています。(ただ単に肌に合わないで脱毛している可能性も考えられます。)もう一つ、カロヤンを使用した後に若干体温の上昇が見られます。頭皮も若干汗ばむ傾向にある事を最近発見しました。塩化カルプロニウムだけでなくカシュウ、チクセツニンジンなどの生薬も配合されているので、それなりに効果は期待しています。

一本使いきっての感想

注:あくまで個人的な感想に過ぎないので、参考程度と思ってください。

こちらも使いきってから使用報告まで大分時間が開いてしまいました。複数の育毛剤を使用している背景などから信憑性は高くはありませんが、全くの個人的意見としては、私がここ一年間で使用した国内産育毛剤の中では、一番評価が高かったのがこのカロヤンガッシュでした。使用していた時も、使用後に発汗(症状が重い場合は良くありませんが)を感じられたりと、発毛や育毛という結果がでる以前に、その効果というか、働きを感じる事ができました。

諸事情から(単に手元にないから、ミノキシジル系の育毛剤が大分残っているからという理由ですが)現在は使用を止めていますが、今後、ミノキシジルと併用して使用するか、どちらか片一方を主力として継続使用していこうと思っています。個人的にはカロヤンを使用してから毛が太くなった印象があります。ただ使用感はそれほど良くなく、医薬品という事もあり、使用量がきちっと決められている事により、ノズルも独特である為、使いかってはあまり良くありません。また着色料が配合されている点も少し不満です。ただそれらの点を差し引いても個人的には使用した甲斐があったと思っています。

ちなみにカロヤンガッシュの主成分である、塩化カルプロニウムはフロジン液という薬剤にも配合されており、(元々こちらが本元です。)円形脱毛症や他の脱毛症などの場合、皮膚科等で処方して貰えます。こちらは保険適応だと思いますので、金銭的に見ても皮膚科で処方して頂ける方はこのフロジン液を使用するのが良いかもしれません。諸事情やカロヤンに含まれている他の有効成分も期待されている方は、このカロヤンシリーズを購入されるのが良いかもしれません。

脱毛の種類、個別のケースにもよるので、一概には言えませんが、やはりミノキシジル系の育毛剤よりは効果が低いと思われる事、個人的には使用初期に初期脱毛を多少感じた事、また効果が期待できる分だけ、仮に効果が現れた場合は、症状が改善した後も継続使用しなければならない可能性が高いという点などを踏まえて、使用の是非を決める必要があると思います。個人的にはこの育毛剤は発毛剤というに堪えうる可能性はあると思っていますが、それでも中程度以上の脱毛症状の場合は、中々難しいのではないかと思っています。

しかし過度な期待は禁物ですが、ミノキシジルはちょっと、という方は、使用を検討されても悪くはないと思っています。頭皮の血行障害の方等には有効かもしれないと思っています。(ただ医薬品という事もあり、副作用など含め、決められた事をしっかり守って使用するべきだと思います。(2006年7月9日追加)


注意点
・・・先にもいいましたが、カロヤンシリーズは、国内の育毛剤では珍しい、医薬品として販売されています。ブログの方にも掲載しましたが、薬効薬理作用は認められていますが、その分、場合によっては副作用の症状が現れる可能性があるので、用法、用量を必ず守り、何か異常が現れたり感じられたりした場合は、直ちに医師などに相談するのが良いと思います。副作用としては、頭皮で発疹、発赤、かゆみ、はれ、その他の部分では、全身性の発汗、それに伴う寒気、顔のほてり、震え、吐き気となっており、頭皮で刺激痛、局所発汗、熱感が継続、または増強した場合は、使用を中止するよう書かれています。

また何故か合成着色料の黄色5号が使用されているので、それに対してアレルギー反応がある方は注意する必要があると思います。

ラインアップ・・・現在は、塩化カルプロニウム2%配合の無香料のNFカロヤンガッシュ、微香性のカロヤンガッシュ、1%配合のカロヤンアポジカΣ(シグマ)、1%配合でカシュウやチクセツニンジン抜きのカロヤンSカロヤン21などが販売されていると思います。

詳しくはカロヤンcom.http://www.karoyan.com/をご覧ください。当ブログにも、カロヤンに関連する詳しい情報を掲載しております。
HPtopへ戻る 育毛剤topへ戻る