×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験






育毛剤
 
ロゲイン
リグロー
ビタミノックス
ザンドロックス
リポキシジル
RU58841
フィナステライド
デュタステライド
フラバサイト
アデノゲン
毛活林
 
 GSS
リアップ
NFカロヤンガッシュ
ケフトル
イノベート
 
 
 
 
HPtopへ


アボダート(デュタステライド・・・イギリス、グラクソ・スミスクライン社が販売している、前立腺肥大症の治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に承認された製品です。I型・II型両方の5αリダクターゼ酵素の阻害剤として、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害する作用があります。

商品イメージ・・・近年発売された発毛、育毛に効果があると言われている製品の中では、その期待度、効果共に群を抜いていた感があります。

購入動機・・・I型・II型両方の5αリダクターゼ酵素を阻害する、画期的な商品という事で購入を決めました。前評判が高かった事も手伝ったと思います。

使用感・・・基本的に飲み薬、経口薬なのでサプリメントを飲む感覚です。また、タブレット状のものを粉砕し、ミノキシジル等と混ぜて頭皮に塗布し経皮で吸収する方法もあるみたいです。ただこれでどの位の効果があるかは不明です。

使用後・・・この製品は約2、3ヶ月使用していたと思うのですが、効果としては若干髪の毛全体が太くなってコシが出た、剃り込み部分に産毛が心なしか生えたといった感じでした。脱毛原因に直接作用するので、その効果は高いと思っています。
ただステロイド系の商品という事で、私は現在使用はしていません。

注意点・・・ディタステライド系の商品で気を付ける事は、やはりステロイド系の製剤という事でしょう。使用するに当り必ず耐性というものが発生します。(必ずというのは語弊がありました。耐性が付く可能性があります。)耐性が付くという事は、長期間使用すると効果が現れ難くなってくるという可能性があるという事です。また使用を中止するとかなりのリバウンドがあるとの噂もあり(これは噂ではなく、デュタステライドと同様に使用を中止すると効果は逆流すると思います。)一度その効果を得る事となると、その後継続して使用していかなければならないという事もあります。

またこの商品の取り扱いにはかなりの注意が必要との事が、購入した際の説明書に書いてありました。妊娠中の女性には絶対に触らせないようにする事(無論女性の使用は厳禁)など、保管にも際しても注意が必要です。私は耐性等のデメリットは以前から耳にしていたのですが、その取り扱いにも注意が必要だという事等は全く知りませんでした。FDAから承認された(脱毛治療薬としては承認されていません。)とは言え、日本ではまだ未承認という事もあり、ミノキシジルと同様かそれ以上にその使用には注意が必要です。使用する前には必ず医者又は薬剤師等に相談してください。本来この商品は医師の処方箋を必要としているものです。

:一時期フィナステライドと同等か、それ以上の成果が見込めると期待されたデュタステライドですが、現在私がネットで拝見する限りあまり使用されていない様に見受けられます。理由については色々あると思いますが、肝心のデュタステライドの製造、販売元のグラクソ・スミスクライン社の、毛髪における臨床試験フェーズIII(第V相試験)がキャンセルされたという情報(未確認)があり、そういう経緯もあってなのか、現在FDAには脱毛治療薬としては認証されていません。(あるサイトには利用者のコスト面での懸念も書かれていたように思えます。海外でもフィナステライド服用の場合は、プロスカーを割って使用している方はいるみたいです。)

HairSiteのデュタステライドの紹介ページや、ネットで紹介されていた海外の文献や博士のインタビューなどを(和訳ソフトを通して)拝見すると、発売当初の評判は海外でもかなり良かったみたいです。掲載ページにはにはアボダート(デュタス手ライド)は第二世代の、二次元的なといった表現が多く使われていた様に思えます。

しかしその期待に反してなのか、期待が多すぎたせいなのか、元々日本では未承認なので当たり前かもしれませんが、国内ではあまり使用されていないのではないかと思われます。(少なくともフィナステライドよりは少ないと思います。)またHairSiteには、服用の結果、精液ボリュームが減少する可能性があるとも書かれているみたいです。単純に考えれば、体内のT型・U型両方の活性酵素を阻害する訳ですから、その反動というものもフィナステライドより強いのかもしれません。フィナステライドにもいえる事ですが、やはり安易な服用というものは避けるべきだと思います。

HairSiteによると、アボダート(デュタステライド)もフィナステライドと同じ4アザステロイド化合物みたいですが、良くも悪くもフィナステライド以上に強く作用する可能性もあるので、使用の際には専門家の方に相談するのが良いと思います。

ラインアップ・・・現在は、欧州版0.5mg、米国版0.5mg、英国版0.5mg等が販売されていると思います。〜版となっていますが、各商品の内容に差はないと思います。
また上記のラクソ・スミスクライン社が販売している商品の他に、デュタスというインド製のノーブランド商品等もあるみたいです。

HPtopへ戻る 育毛剤topへ戻る