×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








管理人育毛経過
  
2005年7月9日
2005年8月25日
2005年10月3日
2005年11月7日
2005年12月4日
2006年1月7日
2006年2月12日
2006年3月5日
2006年4月16日
2006年5月14日
2006年6月10日
2006年7月8日
一年間の総括
2006年8月20日
2006年9月17日
2006年10月24日
2006年11月30日
2007年1月14日
2007年2月24日
2007年3月26日
2007年4月22日
HPtopへ



管理人育毛経過(2005年11月7日現在)

現在の状況・・・ここ2,3週間でハリとコシが激変した様に思われる。ただ冷静に考えれば二、三週間で劇的に改善する事はまず考えられない。季節の変化というものが深く関係しているかもしれないが、以前の様に髪型をセットしても、思うようにセットできなかったり、1,2時間経過するとボリュームが無くなってしまうという事が現在のところほとんどない。(もちろん一日中保っている訳ではない。)毛髪の弱体化に伴い直毛になっていた毛髪も、以前の様に若干の癖が付いて来た。

毛髪内の水分量の変化によるものだと思うが、水分が多いせいで、毛髪量も多く見える。M字付近は片一方に若干の改善があり嬉しい気持ちもあるが、ぱっと見はほとんど変わっていない程度。前頭部も2,3週間前は一部分で以前よりも悪化しているのでないかと思われたが、現在はそう感じない。髪型による部分が大きいと思う。ただ以前より毛髪が乾燥(パサパサ)するという事は少なくなった。

M字部分以外は、毛髪の水分量増加と、若干のハリとコシの増加により、毛髪が増えたと錯覚している状態だと思われる。頭皮の状態は良好。突っ張る事がほとんど無くなった。マッサージは以前ほどしていないが、一日最低二回は行っている。根拠のない事であるが、これらの効果にもしかしたら、大豆摂取が関係しているかもしれない。あと考えられるとしたらカロヤンガッシュ。ただカロヤンの効果があったと仮定すると、長期的に見ればマイナスかもしれない。いずれ効き目が現れ難くなる可能性もあるので、頻繁に使用する事はないと思う。カロヤンのレビューにも掲載したが、カロヤン使用後から若干抜毛が増加。安易な使用は×。

現在使用中の育毛剤・・・ビタミノックス製ミノキシジル5%SPECIAL(スピロ入り)、アデノゲンフラバサイト(現在在庫なし。)カロヤンガッシュイノベートライブアクトを追加。一時期ミノキを全く使用しなかったが、最近は4,5日に一回のペースで使用。本数も多いので当たり前だが、現在は国内産の育毛剤の使用頻度の方が高い。基本的に国内産はどれも同じ使用回数。特定のものが多いという事は無し。

現在使用中のサプリメント・・・ベリックスA錠セサミンEブルーベリールテインプラス、ヘアフォース、臨界抽出ノコギリヤシ秋ウコン粒。ウコン粒を追加。現在ウコンを切らしているので、そのうち購入する予定。ここ一週間はノコギリヤシの使用を停止。ノコギリヤシには耐性が存在するのか分らないが、一応休止期期間を設ける事にした。セサミンEの服用も現在はあまりない。サプリメントの使用頻度は以前よりは低下している。

現在使用中の頭皮改善製品・・・馬油しそ油(馬油単体の使用でしそ油は現在使用せず。)とわだ(とわだは現在在庫なし、資金面の事も考え現在のところ購入の予定はなし。)ニゾーラルシャンプー2%(週1、2度)ピュアナチュラルシャンプー。基本的に前回を変わらず。ただニゾーラルの使用が若干低下。馬油の使用頻度は結構高い。こちらは前回とほぼ同じ。主力はピュアナチュラルシャンプー。

育毛の為に毎日実践している事、その他・・・なるべく多く睡眠をとる、なるべく多く野菜をとる、一日1,5リットル以上は水分をとる、一日10分でも運動をする、洗髪は毎日する。呼吸はなるべく鼻呼吸をする。育毛剤やサプリメントの耐性が付くのを防ぐ為に、長期間使用したら一週間位の休止期を設けている。就寝時間を早めている事は前回と同様。他には腹式呼吸を心がけ、呼吸も大きく行うよう心掛けている。
また大豆イソフラボンとカプサイシンの摂取を約一ヶ月前から開始。また時間があれば小まめにマッサージをしている。現在は季節柄という事もあって、緑茶を多く摂取している。就寝時間を以前よりもっと早めようと、なるべく早くに床に入るが、そうそう体の習慣を変える事は難しいらしく、中々眠れない。以前よりも運動量は若干増加。大豆製品も積極的に摂取している。

青文字・・・前回との変更点
HPtopへ 管理人の紹介topへ