×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








女性の脱毛・育毛
 
脱毛の原因
加齢による脱毛
男性型脱毛症1
男性型脱毛症2
男性型脱毛症3
男性型脱毛症4
病気による脱毛
病気による脱毛2
出産による脱毛
牽引による脱毛
 
 
  
 
 
 
 
HPtopへ


加齢による脱毛

加齢による脱毛は、遅かれ早かれ、誰しもに少なからず起る現象であり、もちろん性別も関係ありません。東邦大学大橋病院の医師の方のお話では、歳をとる事によって、血管を通って毛乳頭へ送られる栄養分が少なくなってきたり、毛乳頭の毛を作れという指令も老化によって弱まってしまうそうです。これは何も毛髪に限った事ではなく、お肌や骨なども含め、体の各部分の機能が少しずつ低下していきます。

順天堂大学附属病院の医師の方のお話では、女性の場合、40代後半から髪を作る毛母細胞の働きが低下してくる。また更年期を過ぎた辺りからも、少しずつ活動が低下し始めるといった事を仰っていました。症状として髪が細くなってきたりするとも仰っていました。最初から抜けるという訳ではなく、まず細くなってくるという症状なのかもしれません。40代50代になって毛量が減ってきたと感じたら、それは加齢によるものなのかもしれません。

対処法

基本的に病気ではないので、対処しなくとも良いといいますか、自然の摂理みたいなものなので、ある程度は致し方ないと思います。しかし悩んでいる当人にとっては、そうもいきません。そこで私が思う第一の対処法は、睡眠、食事、運動(ストレス発散)+マッサージです。これは年齢問わず、全ての方に共通する事だと思いますが、やはり基本は中からです。結果的に毛母細胞を活性化させなければならないのですから、外からダメージを補修したりする為等で、ヘアパックなどをしても、根本的な解決にはなりません。やはり、いかに毛髪を作り易い、細胞が活性化し易い為の環境作りが大切だと思います。

できれば10時前後に就寝しましょう

毛母細胞、副交感神経が活発になる10時前後には就寝するか、間に合わなくとも、できるだけ早く就寝する様にする。毛髪を作る原料、材料となる栄養分をバランスよくしっかりとる(1日30品目が理想です。)ストレスが溜まると,、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなって、体に様々な変調を来したり、ストレスによって頭皮の血流が悪化してしまうので、ストレスを発散する。頭皮の血行を促進したり、緊張状態を緩和する為にマッサージをする。

継続は力なりです

これらを毎日地道に行う事で、体への負担を軽くし、老化の進行を少なからず食い止める事が出来たり、毛母細胞を活性化させる事が出来るのではないかと思っています。もう一つ大前提として気にしすぎないという事も大変大事だと思います。やる事をやったら気にするのは止めましょう。幾ら気にしても症状が良くなる訳ではなく、返ってそれがストレスとなり、悪化する可能性も考えられます。やはり必要以上に気にしない様、メンタルも鍛える必要があります。睡眠、食事、ストレス発散、マッサージなどは独自育毛法のコーナーで詳しく紹介しているので、よかったらそちらもご覧になってください。

これだけだと目新しい事はないので、もう少し具体的な方法を二つ紹介します。

血糖値を上げ過ぎない

一つ目は食事時になるべく血糖値を上げない。以前NHKで放送されていたアンチエイジング(エイジング=加齢、老化)番組で紹介されていたのですが、食事をとる時は、まず食物繊維が豊富な野菜を先に食べる。ご飯といった炭水化物はすぐ食べない。といった事を紹介していました。最初に炭水化物を摂ると急激に血糖値が上がってしまうそうです。血糖値が上がる、高い状態が続くと、老化の原因と言われている活性酵素が増加してしまうとの事です。活性酵素は体を酸化させて老化させると言われているので、血糖値を上げ過ぎないという事は、老化防止にも繋がるという訳なのです。(一日の食事の回数を増やして、一度の食事で沢山食べないといった事も有効だそうです。)ストレスでも活性酵素が増加するとも言われているので、そういう意味でもストレスを発散するのが良いと思います。

ストレッチなどで体を柔軟にする

これもテレビを拝見していて教わった事なのですが、ストレッチなどで体を柔軟にする事、その過程で、普段あまり酸素が行き渡らない部分にも酸素が供給される事となり、体の酸化を防ぐ事ができるといった事を仰っていました。ただストレッチで酸素を行き渡らせるという表現に少し疑問を持ったので、ネットで少し調べてみたのですが、ストレッチに体の酸化防止作用があると書いてあるページは、ざっと見た範囲ではありませんでした。もしかしたらストレッチをする事によって、血行が促進される事によるものなのかもしれません。不確かな情報で申し訳ありませんが、体を柔軟にする、血行促進、新陳代謝を良くする事に繋がり、その事が老化防止に繋がると思うので、リラックスも兼ねて体を柔軟にする、ストレッチをするのは良い事だと思います。

気にしすぎないのが一番の老化防止

上に紹介した事等は、早寝する、ストレスを上手く発散する。といった事以外は、実現するのにそれほど苦労はないと思います。しかし老化防止の為に考えうる限りの事をやろうとしても、それは無理があると思います。以前、爆笑問題が出演している、日曜の夜に放送されているテレビの中で、美容・健康マニアといった方が出演されていました。美容、健康の為に色々な器具を使用し、サプリメントの摂取、食事療法なども実践されていましたが、ミネラル測定の結果は、それほど健康とは言えない状態でした。精密検査ではなかったので何ともいえませんが、やはり、やり過ぎたり、気にし過ぎは返って悪影響があると思います。気にし過ぎない事も立派な、老化防止方法、育毛方法だと思っています。

HPtopへ 女性の育毛topへ 次のページへ