×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








女性の脱毛・育毛
 
脱毛の原因
加齢による脱毛
男性型脱毛症1
男性型脱毛症2
男性型脱毛症3
男性型脱毛症4
病気による脱毛
病気による脱毛2
出産による脱毛
牽引による脱毛
 
 
  
 
 
 
 
HPtopへ



病気による脱毛

女性だけという事はありませんが、10代〜40代前の女性の脱毛の場合、全身性の病気等が原因で脱毛してしまう事もあるとの事です。ここでは病気による脱毛のケースを紹介したいと思います。

甲状腺の病気(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症等)

甲状腺とは

甲状腺はヒトの場合、前頚部(のどぼとけの辺り)に位置する約20gの内分泌器官で、左右両葉とその間を繋ぐ峡部で構成されています。甲状腺ホルモンや、チロカルシトニンといったホルモンを分泌しています。甲状腺の病気に掛かり易いのが女性、特に20代〜40代の女性に多いとの事です。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病等)

甲状腺機能亢進症は、血中の遊離甲状腺ホルモン濃度が上昇した事によって起る病気です。甲状腺ホルモンには、チロキシン(T4)とトリヨードチロニン(T3)があり、甲状腺機能亢進症では、その一方または両方が上昇しているとの事です。甲状腺機能亢進症の疾患には、バセドウ病、プランマー病、亜急性甲状腺炎(初期)等があり、日本人はバセドウ病が圧倒的に多いと言われています。このバセドウ病は甲状腺自己抗体が原因の自己免疫疾患の一つであり、甲状腺ホルモンの過剰分泌により、必要以上に全身の新陳代謝を活発にしてしまうとの事です。このバセドウ病の症状の一つに脱毛が挙げられるとの事です。

甲状腺機能低下症(橋本病等)

こちらは甲状腺機能亢進症とは逆で、甲状腺ホルモンの分泌が不足する事によって起る症状です。甲状腺機能低下症の疾患には、慢性甲状腺炎(橋本病)等があり、ほとんど場合、この慢性甲状腺炎(橋本病)との事です。橋本病は成人女性の10〜20人に1人の割合で見られ、遺伝的な要素もあるとの事です。また橋本病で問題となるのは、全体の数分の1で、甲状腺の腫大の少ない場合等は特に治療の必要はないとの事です。甲状腺機能亢進症は、
血中ホルモン不足による、新陳代謝が低下する事によって様々な症状を発症し、その一つに脱毛が挙げられるとの事です。

NHKのきょうの健康の番組内で、甲状腺疾患による脱毛の症状を紹介した時に、全身の代謝が悪化する事により、毛母細胞の働きも低下してしまうが為にといった様な説明をされていたので、この甲状腺機能亢進症の事を指していたのかもしれません。こちらもバセドウ病と同じく自己免疫疾患(臓器特異性)の一つとされています。

甲状腺の病気の詳しい情報等については、医療法人社団、甲状腺病研究所のHP、甲状腺疾患講座をご覧になると良いと思います。


膠原病

膠原病とは

膠原病とは、病理学的に結合組織にフィブリノイド変性が見られる疾患という定義がなされ、全身性エリテマートデス、慢性関節リウマチ、皮膚筋炎、多発筋炎、強皮症、全身性進行性硬化症、結節性動脈周囲炎(結節性多発動脈炎)、リウマチ熱(現在は除外される事が多い。)・・・etc、といった疾患、症状があるとの事です。膠原病と一口に言っても、〜という症状、病気とは説明できない複数の疾患の総称と言えるかもしれません。別名結合組織病とも言われています。

膠原病と脱毛

膠原病のどの疾患が脱毛症状を発症する場合があるのか、ネットで少し調べてみたところ、どうやらエリテマトーゼスという疾患を患うと、場合によっては、脱毛する場合があるという事が分りました。皮膚が硬くなり、血行が悪くなる強皮症の一部でも脱毛する場合があるそうです。

エリテマートデス

膠原病の代表的な疾患で10代〜20代の女性に多い。特徴的紅斑が皮膚表面に現れる症状なので、エリテマトーデス(紅斑症・紅紅斑性狼瘡)と呼ばれているとの事です。全身的に多臓器の病変を示す全身性エリテマトーデス(SLE)と、病変が皮膚に限られる円板状エリテマトーデス(DLE)との二つに区分されているとの事です。円板状エリテマトーデスから全身性エリテマトーデスへ移行する事もあり、本質的には同じ疾患だと考えられているそうです。

現在のところ病因は不明との事ですが、自己免疫が関わっているとされています。本来免疫反応を起こさない自己抗原に対して、抗体(自己抗体)を作り、この自己抗原と自己抗体との統合によって生まれた免疫複合体が、アレルギー反応を起こす事が病変を生ずる原因として考えられているとの事です。何とも難しい表現ですが、自己の抗原を非自己、自分のものではないと認識してしまい、それに対する抗体を作ってしまう。その抗原と抗体との結合による反応。自分の体の一部を異物と認識して排除する為に攻撃してしまう現象との事です。その為にエリテマトーデスは自己免疫疾患の一部とも言われています。

膠原病による脱毛の説明でも、自分で自分の体を攻撃する成分が出てきてしまい、それによって髪を作っている細胞が攻撃されてしまい、その結果、細胞の働きも弱ってしまう為に脱毛したり毛が細くなる。といった説明をされていたので、このエリテマトーデスの事を指していたのではないかと思われます。

膠原病については、難病情報センター膠原病のページなどをご覧になってください。全身性エリテマトーデスのページの同症状の中に脱毛と書かれてありました。興味のある方はそちらもご覧になってください。

HPtopへ 女性の脱毛・育毛topへ 次のページへ