×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験





年代別育毛法
 
-10代-
 
対策1
対策2
対策3
まとめ
 
20代〜30代
 
対策1
対策2
対策3
まとめ
 
40代〜50代
 
対策1
対策2
まとめ
 
 
HPtopへ



40〜50代・・・40〜50代ともなれば、ほとんどの方が白髪、薄毛等何かしらの症状に見舞われていると思います。50代ともなればほとんどの方が子作りの予定もないと思いますので、自己責任(周囲の意向も項考慮しつつ)においてフィナステライドやデュタステライドの検討をなされてみるのも良いかもしれません。

考えられる脱毛原因・・・老化、男性ホルモン、ストレス、睡眠不足、栄養不足、不規則な生活など。

対策1・・・やはりまず考慮すべきはその年齢の高さだと思います。40〜50代という年齢自体はまだまだ働き盛りだと思いますが、脱毛が開始されてから十数年経っている場合等は、かなり長期的なスパンで育毛、発毛に取り組むべきだと思います。また若い頃とは違い、年々体の衰えというものも少しずつですが着実に始まっていると思います。そうなってくると例え同条件下であっても、若い方よりも回復速度が遅くなってくると思いますが、だめで元々、逆に育毛の遣り甲斐があると思って前向きに取り組むのが宜しいと思います。

これは育毛に取り組む方全ての方に共通する事だと思いますが、私の個人的な考えとしましては、育毛はやはり長期的視野に立って我慢強く行うべきだと思っています。皆さんご存知の通り、赤ちゃんの時の髪の毛は薄く茶色がかっている事が多いと思います。そして成人になる手前ぐらいで一人前の髪の毛になるといっても過言ではないと思います。(一説によると男性の毛根の成長は17歳前後までだそうです。)
そう考えますと、産毛から一人前の髪の毛になるまでには、少なくとも十数年は必要となってくる事となります。成長期の場合ですらこれだけの年月を掛けている訳ですから、無くなった毛や薄く細くなった毛を回復させる為に要する年月というのは、それなりの歳月が必要となってくると思います。

そして具体的な対策ですが、初めにいった通りフィナ、デュタの使用も視野に入れて良いと思います。ただ、ミノキシジル製剤にも当てはまる事ですが、これらの製品には耐性というものが存在します。使い始めの頃には効果がどんどん表れていたけれど、長期間使用していたら効果が表れ難くなり、逆に回復部分が衰退してしまったという話しも聞かない訳ではありません。耐性を回避する方法の一つに、ある程度長期に渡り使用したら、その後一定期間は使用を止める休止期を作ったり、毎日使用するのではなく一日置きに使用するといった対策が有効との話しを聞きますが、実際のところは良く分ってはいないと思います。

副作用以外に唯一の問題点といって良い、この耐性の事を踏まえた上で使用を検討されるのが良いと思います。(年齢的な事もあり、体に多少の負担がかかるミノキシジルを使用する場合などは特に気をつけていただきたいです。使用を検討する際には必ず医師に相談するようにしていただきたいです。)ただ、やはり他の年代に比べればフィナ、デュタを使用する際の懸念する問題が少ないと思いますので、選択肢の一つとして考えても悪くはないと思います。一概にはいえませんが、現在考えうる中ではミノキ、フィナ、デュタの三種類が発毛、育毛に効果のある製品の上位を占めていると思います。

HPtopへ戻る 年代別育毛法topへ戻る