×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験





年代別育毛法
 
-10代-
 
対策1
対策2
対策3
まとめ
 
20代〜30代
 
対策1
対策2
対策3
まとめ
 
40代〜50代
 
対策1
対策2
まとめ
 
 
HPtopへ



10代まとめ

大前提として、将来の事を考えミノキシジルやフィナ、デュタを安易に使わない。またストレスから脱毛が起きている可能性も考えられるので、ストレス過度の場合は環境を変えたり、できるだけストレスを発散して溜めないようにする。

@第一に、生活習慣の改善を図る。まず不規則な生活を改善をする。起床時間と就寝時間は毎日決まった時間とし、できれば午後10時、少なくとも午前0時を回る前に就寝する。最低でも6時間は睡眠時間を確保するように心掛ける。それと平行して食生活も改善する。色々な食品をバランスよく摂取し、野菜を多くとる事を心掛ける。サプリメントではなく食事から栄養素を摂取するのが一番良いといわれている。

Aそれでも効果が表れない場合は、サプリメントの摂取を検討する。食事で全ての栄養素が補えない場合、頭髪や頭皮の改善に効果があると思われ、なおかつ普段の食事では摂取し難い、摂取量が不足しがちな成分を調べる。一日の摂取上限、副作用の有無等を確認してから目的にあったサプリメントを摂取する。頭皮が固いと思われる場合は、マッサージをしてみるのも有効的かもしれない。

B生活習慣の改善、栄養補助でも効果がない場合は育毛剤の使用を検討する。
一概にはいえないが国産(リアップを除く)の育毛剤は、その名の通り育毛に効果があると思われるが発毛にはあまり効果がないと思われる。しかし副作用の事等を考慮すると初期脱毛の場合は国産の育毛剤の方が良いと思われる。それでも効果がない場合は、ミノキシジルやフィナ、デュタの使用を検討せざる負えないが、仮に使用する場合でも必ず事前に両親や医師又は薬剤師に相談する。例外もあると思うが、基本的に育毛剤、発毛剤全般は20(18)歳未満の使用を禁止している場合が多い。また臨床実験、開発段階で20歳未満の被験者を対象にしていないと思われる。

やはりリターンが大きいものほどリスクもあると考えるべきだと思います。10代ともなれば早急に解決したいと思いますが、なるべく薬や製剤を使用しないで治すといった事を心がけていただきたいです。仮に男性脱毛症の疑いが濃厚な場合でも、ミノキやフィナ等を使用する場合は事前に相談するようにしていただきたいです。

HPtopへ戻る 年代別育毛法topへ戻る