×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









体質改善
 
睡眠
運動
食生活
マッサージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
HPtopへ



運動

改善目的・・・適度な運動を行う事により、ストレスの発散、体脂肪の燃焼により肥満解消=動脈硬化の防止、新陳代謝の促進による身体能力、免疫力等の向上、体に適度な負荷をかける事による睡眠導入の促進等の為。

改善方法・・・毎日少しでも良いので継続して行うように努力する。会員制のジム等に通う事で半ば強制的に行ったり、自宅の周辺でジョギングなどを行ったり、自宅で筋肉トレーニングなどを行ったりと、自分の状態や環境にあった運動方法を行うのが良いと思います。仮に自宅で行う場合、マンション等で隣人への騒音などの迷惑になるので出来ないという方も、足上げや通販で販売されている手軽なトレーニングマシーンを使用する等の事によって障害なく行える場合もあるので、色々工夫するのが良いと思います。

改善効果
・・・私の場合は、適度な運動をする事によってストレスの発散や睡眠導入に効果があったと思います。直接育毛や発毛に効果があったとは思えませんが、ストレス発散などによる間接的な効果はあると思っています。また歳を重ねる事に肥満の心配も少なからず現れてきているので、肥満防止の為にも継続しています。私の場合、以前はジムに通っていた事もあるのですが、最近は自宅で足上げや腕立てなど筋トレや、通販グッズを利用して騒音など隣人の方の迷惑にならないようにして運動をしています。ジムの場合どうしてもやりすぎてしまったり、時間などを気にしてしまうのですが、自宅の場合は空いている時間にすぐできる事とリラックスしてできるというメリットがあります。

注意点・・・まず気をつける事は、運動前の準備体操やストレッチを欠かさない事です。体の健康の為に運動をするつもりが、準備を怠ったせいで返って体の一部分を悪くしてしまったというのでは本末転倒です。急な運動は腰などを痛める原因となるのでやめましょう。またはりきって慣れない内いうちから激しい運動をするのも止めた方が良いと思います。運動に限った事ではありませんが、少しずつでも毎日継続する事が大事だと思います。長期的にトータル的に考えて実行していくのが良いと思います。

2009 8/12追記
運動、ウェイト、トレーニング有酸素運動脱毛、AGAの関係については、こちらをご覧になってください。
ウェイトトレーニングとAGA 男性型脱毛症との関係
HPtopへ 体質改善topへ