×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








育毛アイテム
 
馬油
しそ油
とわだ
クリナゲン
レスタミン
ニゾーラル
薬用シャンプー
ピュアナチュラル
シャンプー
毛髪ミネラル検査
ナノケア
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
HPtopへ



馬油・・・薬師堂が販売している、馬の脂肪を原料とする皮膚の化膿を防止する外用剤です。

購入動機・・・育毛剤を塗布した後にその上から塗ると、育毛剤の吸収率がアップするとの事をとある掲示板で紹介されていたのがきっかけで購入しました。

期待できそうな効果、効能・・・馬油に含まれている不飽和脂肪酸の抗DHTとしての作用、効果。育毛剤の上から塗布する、又は育毛剤と合成する事で、馬油の皮膚への浸透率の高さを生かし、育毛剤を皮膚の深くまで浸透させる作用、効果とアルコールの蒸発を遅らせる事で育毛剤の吸収率のアップ。アルファ・リノレン酸(αリノレン酸)という成分が体内に吸収されるとエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)といった良質な脂肪酸に変わる性質(経皮摂取でも効果があるかどうかは不明)

使用感・・・やはり油という名前が付くの通り、多少べた付き使用後手に付いた馬油を水等で洗い流す事が多少めんどうかもしれません。

使用後・・・以前使用していた時には塗る手順、回数がかなりいい加減だった事もあり、はっきりと効果を確認する事ができませんでした。しかし最近になって、馬油に含まれている不飽和脂肪酸が抗DHTとしての効果があるとの事を知り、再度使用するようになったのですが、その他の育毛商品などのお陰もあってなのか、剃り込み部分の産毛が以前よりも成長した事を確認できました。ただ馬油を単体で使用している訳ではないので確証はありません。

注意点・・・やはり主成分が油なので使用効果に個人差があると思います。私自身馬油に対してかなりの信頼感がありますが、その反面、油を塗布するという事で少なからず抵抗があるのも事実です。配合されている成分自体が頭皮に悪影響はないとは言え、塗り過ぎにはやはり気を付けた方が良いと思います。また原料が油なので酸化してしまうという点も注意する必要があると思います。塗布してから遅くとも12時間後には洗髪等で洗い流すのが良いと思います。また頭皮に塗布すると少なからず頭皮に光沢が出てしまいます。特に外出等している時は皮脂と間違われてしまう危険性があると思うので、その点も注意する必要があるかもしれません。

ラインアップ・・・現在は、皮膚用美顔洗顔用などなど用途に応じて、さまざまな種類が発売されているみたいですが、ヘアケア商品としてはソンバーユ毛髪用ソンバーユ馬油シャンプーソンバーユ弱酸性ヘアリンス等が販売されているみたいです。また馬油の成分自体はどのメーカーもあまり変わらないと思うので、配合されている成分を確かめる必要はありますが、薬師堂以外のメーカーの方が良いと思う場合は、そちらを使用しても問題はないと思います。



HPtopへ 育毛アイテムtopへ