×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



発毛・育毛体験






毛髪リンク1
  
厚生労働省
「健康食品」の安全性・有効性情報
日本健康・栄養食品協会
東京薬事インデックス
皮膚科ネットナビ
医薬品医療機器情報提供ホームページ
美容外科COM
美容外科名医101人
教えて!goo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
HPtopへ



厚生労働省・・・国の行政機関の一つである厚生労働省のHPです。お知らせや行政分野ごとの情報の中にある、医薬品・医療機器のコーナーで医薬品や医療機器に纏わる情報を得ることができます。また検索機能もついているので、ミノキシジルやプロペシアといった単語を入力すれば、それに纏わる情報がヒットします。国家機関ですのでかなり信憑性が高く、また公平な情報が掲載されていると思います。外国製の薬剤などのリスクの有無を知る上でも是非とも一度活用していただきたいです。

「健康食品」の安全性・有効性情報・・・独立行政法人、国立健康・栄養保健所が運営している、国内で最も信頼性が高いと思われるデータベースです。育毛剤やサプリメントなどに配合されている成分の効果、副作用などを調べる時に最適だと思います。

日本健康・栄養食品協会・・・財団法人、日本健康・栄養食品協会が運営しているHPです。健康補助食品、特定保健用食品、栄養補助食品、特別用途食品などの定義や説明などが掲載されています。サプリメントなどを購入する上で、参考になるかもしれません。

東京薬事インデックス・・・東京都福祉保健局健康安全室が提供する、インターネット情報サービスです。報道発表や医療機関向け、都民向けなどのコンテンツがありますが、右下にある事業者の方へというコンテンツの中に、広告に関する規制という項目があります。ここでは、薬事法及び関連品の広告・表示に関する規制について、具体的な事例をあげて紹介しています。虚偽・誇大な広告・表示というものはどういうものを指すのか、という事をなどを知る事によって、興味を持った商品の信頼性を量る上で、参考になるかもしれません。

皮膚科ネットナビ・・・全国にある皮膚科の病院を紹介しているリンク集です。病気一覧には脱毛症もあり、地域別に何件か登録されていました。ただこのリンク集は、登録料金を払えばどの病院でも登録する事ができるらしく、評判の良い病院だけが掲載されているのではないと思うので、是非ともそこは注意なさるようにしてください。ただ病院事にHPが開設されているので、下調べ、病院を選ぶ際の目安にはなるかもしれません。

医薬品医療機器情報提供ホームページ・・・厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構が運営している、医薬品・医療機器等に関する最新の情報を提供しているHPです。2006年1月31日より、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報を同HP上で公開しています。現在(2006年2月1日現在)公開されている副作用情報は、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記しているそうです。

私が少し調べたところでは、育毛関連製剤では、ミノキシジルや育毛目的ではなく高血圧症の為の用途におけるスピロノラクトンなどの副作用データが掲載されていました。育毛関連情報はもちろんの事、それ以外の用途でも大いに利用できると思われる大変貴重なデータベースです。また掲載されている個々の医薬品に纏わる詳細な添付情報も掲載されています。同HPに入って左側にある、副作用が疑われている病例情報というコーナーからご覧になれます。

美容外科COM 
美容外科名医101人


医療ジャーナリスト大竹奉一さんのHPです。私の考えでは、基本的に現在の植毛は人を選ぶ方法だと思いますし、リターンが見込める代わりにリスクも発生すると思います。現在の方法では、毛量を増やすのではなく、場所を移すといった表現が適切だと思います。それでも見た目が180度変わる方がいるのも事実ですし、AGAの影響で長年無毛地帯になってしまい、生える見込みのない部分へ毛を生やすには、現在この方法が群を抜いていると思います。

ただ育毛剤の使用でも同じ事が言えるのですが、植毛すれば万事解決なんて事はないと思います。しかし、手術をして良かったと思っている方がいらっしゃる事も事実だと思います。仮に外科的な方法を望んでいる方には、それなりに参考になるHPだと思います。ただ、ここに掲載されているクリニックが絶対良いとも限りません(植毛に関して言えば、私が過去検討した際に一番良さそうだと思ったクリニックの事は載っていなかったと思います。)クリニックを選ぶ際の、あくまで一つの目安として活用されるのがよいと思います。

教えて!goo

質問&回答 (Q&A) コミュニティサイトです。何と言ってもデータベース、情報量がとても多いのが特徴です。ヤフー知恵袋もおすすめですが、やはりまずはここをご覧になるのが良いと思います。 質問した事へ解答してくださる方も非常に多いと思います。

HPtopへ